鹿児島のリフォーム・リノベーションの会社|ヤマサ増改築

リノベーションとは!?(リノベーションブログ)

人気

注目のキーワード「リノベーションとは?」を解説します

こんにちは。ヤマサハウスの新ブランド「ヤマサ増改築」です。

「子供が独立してライフスタイルが変わった」
「実家をリフォームして二世帯で住みたい」
「我が家の耐震性が不安」

などといった理由から、
リフォームやリノベーションを
考えたことがある方もいらっしゃるでしょう。

最近では若い方を中心に
”中古を買ってリフォーム&リノベーション”
という希望も増えています。

住宅の省エネ化、中古住宅(ストック住宅)の
流通活性化を目指す政府の方針もあり、
2017年はリフォーム・リノベーションにとって
さまざまな面で追い風が吹いています。

そんな状況下にあって最近よく聞くようになった
「リノベーション」という言葉ですが、
「リフォーム」とはどう違うのでしょうか。

ここでは「リノベーションとは?」についてご紹介します。

 

リフォームとは「元の状態に戻す」こと

一般的にリフォームとは
老朽化した建物を元の状態に戻すことを言います。
原状回復とも言われます。

日本国内では、マイナスの状態のものを
ゼロの状態に戻すための機能の回復という
意味合いで使われることが多く、

・外装の塗り直し
・設備機器の入れ替え
・壁紙の張り替え

などが「リフォーム」に該当します。

ちなみに英語で「reform」という単語は
「(社会制度などを)改革する、改善する、修正する」などを意味し、
あまり建物には使われないそうです。

 

リノベーションとは「直す」のではなく「もっとよく」すること!

一方、「リノベーション」とは、
既存の建物に大規模な増改築工事を行うことで、
性能を元の状態よりも向上させたり、
価値を高めたりすることを言います。

よりデザイン性の高いものに改良したり、
住環境を自分たちのライフスタイルに合わせて
間取りや内外装などを変更したりすることが含まれます。

例えば、

・耐久性や耐震性を高めるための補修を行ったり
・高断熱・高気密な性能向上を図る工事を行う
・仕切りの壁を取り払って快適な広さのリビングにする

などが「リノベーション」に該当します。

ちなみに英語で「renovation」という単語は
「革新、刷新・修復、改築」などを意味します。
日本国内で使われる「リフォーム」と「リノベーション」の
両方の意味を指します。
さらには都市開発や企業革新など
色んな分野で用いられる言葉だそうです。

 

「リフォーム」と「リノベーション」の境は曖昧?

しかし、こういった定義は正確には定まっておらず
会社や雑誌によって使われ方がバラバラで
2つの言葉が同じように使われることも多いようです。

特に「大規模リフォーム」「リノベーション」「増改築」は
同義で使われこともしばしばあります。

指し示す言葉自体は多少食い違いがあっても
大きな問題はありませんが、

「あなたが今のお住まいにおいて
どんな課題を感じているか」
どんな暮らしを実現したいか」
という中身の話で食い違いが起きるのは大きな問題です。

パートナーとなる施工会社と食い違いが起きないよう
じっくりとお話されることをおすすめいたします。

 

鹿児島でのリフォーム・リノベーションならヤマサ増改築にお任せください!

ヤマサハウスの新ブランド「ヤマサ増改築」では、
豊富な木造住宅の施工実績を踏まえて
戸建てでも、マンションでも、
さまざまなリフォーム・リノベーションの
ご要望に対応可能です。

あなたらしい暮らしを実現するために、
まずはお気軽にご相談ください。

▼お問合せ
 ヤマサハウス株式会社
 (担当:ヤマサ増改築 日高・宮田(晋) )
 TEL :099-295-3922 (※水曜休)
 Eメール:info@yamasahouse.co.jp