鹿児島のリフォーム・リノベーションの会社|ヤマサ増改築

住宅ローン借り入れまでの流れ(リフォームローン)

初めて住宅ローンを借りるとき、どんな手順で手続きすればよいか

分からない方も多いのではないでしょうか?

今回は、「住宅ローン借り入れまでの流れ」をご紹介します。

 

住宅ローン借り入れの流れ

(出典:SUUMO 家とお金の相談より)

 

◎借りたいローンを探す

住宅ローンを扱う会社はさまざま。

自分たちで自分たちに合う住宅ローンを選ぶのも可能ですが、

家を建てたり、リフォームをしたりする際、住宅メーカーなどから提携している

金融機関の住宅メーカーを紹介されることもあります。

 

◎仮審査を申し込む

仮審査(事前審査)と本審査の2段階で行われます。

仮審査では購入する物件と借りる人について審査します。

期間は1週間程度。場合によっては1週間よりも早く分かることもあります。

 

◎本審査を申し込む

仮審査が無事に通過したら本審査を申し込みます。

この本審査も購入する物件と借りる人について審査しますが、

さらに詳しく審査してお金を貸してもいいか判断します。

詳しく審査するからこそ、期間は10日~2週間長くなります。

 

なぜ、審査は2段階する必要があるのか?

住宅購入の売買契約を行う前に、本当に住宅ローンが借りられるのかを明確にしておく必要があるためです。

そのため、仮審査を申し込んで通った後に売買契約を結びます。そのあとに本審査を行うのが一般的。

 

◎住宅ローン契約

本審査が通過したら、住宅ローン契約を結びます。

この時点で、金利タイプや返済期間が決定することが多いです。

 

◎住宅ローンの実行

住宅ローン実行は物件の引き渡しと同時に行われることが原則です。

 

 

今回は、住宅ローン借り入れまでの流れをご紹介しました。

これからリノベーション・リフォームを行う皆さんに、少しでも参考になると幸いです。

ヤマサ増改築では、住宅ローンの相談も受け付けております。

「自分たちに合った住宅ローンが知りたい!」「現在の収入でどれくらい借りられるの?」など

気になる方はぜひ、お気軽にご相談ください!

 

★おすすめイベント★

 

【参考文献】

住宅ローンの申し込みから融資実行までのフローと諸費用は?.SUUMO家とお金の相談

https://navinavi-mortgage.com/housing-loane-renovation-127 (閲覧日:2020年2月13日)