鹿児島のリフォーム・リノベーションの会社|ヤマサ増改築

リノベーションとエコ(リノベーションブログ)

こんにちは!
鹿児島市でリノベーション&全面リフォームを手掛けているヤマサ増改築の小山です。
今回は「リノベーションと環境問題」についてご紹介します。

最近では国連気候サミットでのグレタ・トゥーンベリさんのスピーチが話題を呼びましたが
住宅の新築、リフォームの世界では環境配慮という考えは当たり前になってきました。
特に日本は国主導でZEH(ゼロエネルギーハウス)、リフォームでは性能向上リノベーション普及に力を入れています。住宅会社の看板やHPでも良く目にしますよね。

実は、日本で住宅・建築物を利用することによるCO2排出量は全体の約3分の1を占めています。(残りは運送や産業部門等)
加えて、住宅・建築物は一度建築されると長期にわたって使用され、影響をもたらします。
私たちが住宅を建ててから日々の生活で使用するまでのエネルギーをできるだけ抑えることが、
そのまま地球の環境を守っていくことに繋がるという考えに基づいて、国や業界は力を入れているわけですね。

既にある住宅を活かし、長く住める住宅に性能を向上させるという意味で弊社の「サステナブル先導事業」もその取り組みの一つですので
興味がある方は是非特集ページをご覧ください。

家づくりと環境問題は切っても切れない関係であることは分かりましたが、
実際に家を購入、リフォームする一個人の立場だとどうでしょうか。
環境に優しい家に住むことは良いことだと思うけれども、
この広い地球で家一棟をリフォームしたことで、私たちが目に見える形で実感を得ることはできるのだろうか。
じつは身近なもので得ることができます。それは・・・

 

「お金」です。

 

 

例えば性能向上リノベーションで作られた家の特徴を挙げると、それぞれのメリットが以下の通り存在します。
・高気密高断熱住宅
冷暖房の利きがよくなる。効率化。→光熱費の削減。
家の中の温度差が小さくなる等、身体への負担が抑えられる。健康住宅化。→健康寿命が延びる。将来の医療費が抑えられる。

・長期優良住宅化
長持ちする家である→家のメンテナンスにかかる費用が抑えられる。
既存の構造を活かして新築のような家に住める→建て替えに要するエネルギー(建築費用)が抑えられる。

・太陽光発電
自然エネルギーで発電→電気を購入することなく自給自足できる。→現在の電気代が高ければ高いほどお得。

 

恐らくエネルギー=光熱費が一番イメージしやすいのではないでしょうか。家によっては月額1~2万円くらいの差が出てきます。イニシャルコスト(初期投資)以上のメリットを出せるようにすることも重要です。

話をエコの方に戻しますと、一昔前は冷暖房を我慢する、といった手段が一般的な省エネ(節約)のイメージでした。
今ではエネルギーの見える化や住宅の高性能化が進み、エコに興味を持ちながら楽しく省エネができるようになりました。
快適、健康的、経済的に。このような住宅環境の変化が
新築ではZEH(ゼロエネルギーハウス)、リフォームでは性能向上リノベーションが選ばれている理由のひとつになっています。

環境問題について関心のある方、コストパフォーマンスを重視する方、色々な切り口からリノベーションという選択肢について
興味を持っていただけると幸いです。

※今回出てきた健康住宅という用語については、こちらのブログ記事でも解説がされています。

 

ヤマサ増改築では、二世帯、耐震、断熱、増築、減築、リノベーション&全面リフォームの相談を
いつでも受け付けております!
鹿児島市、戸建て1棟まるごとリノベーションモデルハウス予約受付中

鹿児島市 リノベーション 資料請求

鹿児島市 リノベーション イベント鹿児島市 リノベーション 桜ヶ丘