鹿児島のリフォーム・リノベーションの会社|ヤマサ増改築

賃貸マンション リノベーションしました!!(マンションリノベーション)

人気

こんにちは。

私たちヤマサ増改築は、鹿児島市を中心にリノベーション&全面リフォームを手掛けています。

 

今回は、賃貸マンションのリノベーションをご紹介したいと思います。

(全部はご紹介できないので)オススメポイントを独断と偏見でご紹介します!

 

さて前置きとして・・・

皆様、ご存知のとおり「賃貸」物件は、特定の方のための家づくりではありません!!!

そのため、

皆が使いやすく

誰もが快適に過ごせる空間

コストパフォーマンス・・・

綺麗に。

何かしらの押しポイントがほしい

そして何より、ココに住みたいっ!と思ってもらえることが重要 などなど・・・

課題がいっぱいです。

 

そんな中、試行錯誤の末に完成した今回のリノベーション

オススメポイントを3つご紹介。

 

その1 ゴミ箱スペースを確保

 

 

 

 

 

 

 

実は、戸建でもマンション、そして新築でもリノベーションでも見落としがちな「ゴミ箱」のスペース

ゴミ箱って存在感があるので、ちゃんと位置を考えておかないと、

せっかく、こだわって作った空間が台無し、使いにくい導線を生み出してしまいます。

家づくりの計画を始めたら、ゴミ箱のスペースのことも考えてあげてください。

 

その2 押入れからウォークインクロゼットへの変身

 

 

 

 

 

 

 

 

 

押入れだった収納を撤去、プチ間取り変更を行い広~いウォークインクローゼットを設けました。

最近の主流は大容量のウォークインクローゼット

押入れだと布団は入れやすいけど、服がかけられず不便ですよね。

しかも、ふすまの開閉だと、右側のふすまを開けると左側が閉まっちゃって取り出しにくいし、

全体的に収納を把握しづらい・・・。

そこで、みんなが共通で使えるウォークインクローゼットを家の真ん中に作りました。

各部屋に収納を設けても良いのですが、収納を一か所にまとめると、

洗濯物や物をしまう際に、あっちにこっちに行く手間が省けて楽チン!というメリットがあります。

 

その3 LDK誕生

家族で住まう方も、お一人で暮らす方も、シェアハウスとして利用する方も、

リビングは広くて開放感があって、リラックスできる空間が良いですよね。

みんなが快適に過ごせる、明るくオープンなリビングダイニングキッチン(LDK)が誕生しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扉で仕切られていた、ダイニングキッチンと6畳の和室

仕切られていると、ダイニングキッチンには光が届かず暗く、それぞれの空間が、本来の広さより少し狭く感じられました。

今回は、畳、扉、枠材を撤去しダイニングキッチンからリビングまで一つの空間に。

段差のあった床も、もちろん段差のないフラットな床へ変身です。

 

そして、隣の洋室はリビングとつなげて使うことも、扉で仕切って個室にすることも可能。

様々な場面で使いやすい間取りになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごく一部のポイントのご紹介となりましたが、まだまだ伝えたいことがあります!

もっと知りたい方はヤマサ増改築へGO!

また、

低コストで、綺麗で、使いやすい空間にしたい!というワガママさんも、

こだわりの家作りをしたい!という個性派さんも、

興味はあるけど、中々踏み出せないアナタも、

まずは、理想の住まいについて私たちとおしゃべりしてみませんか?

 

ヤマサ増改築では、二世帯、耐震、断熱、増築、減築、

リノベーション&全面リフォームの相談をいつでも受け付けております!

鹿児島市、戸建て1棟まるごとリノベーションモデルハウス

マンションリノベショールームも予約受付中です。