リノベーションのお金の話

 

こんにちは!
鹿児島市でリノベーション&全面リフォームを手掛けているヤマサ増改築の小山です。

元号が変わり3週間になろうとしています。
だいぶ令和という響きにも慣れてきたのではないでしょうか。

私の令和最初の投稿は、お金の話になります。
突然ですが、鹿児島でリノベーションをする際、工事によっては補助金が出るということをご存知でしょうか?

今月13日、鹿児島市の「安全安心住宅ストック支援事業」の受付が始まりました。
例えばこの制度を活用して耐震診断、耐震改修リフォームを行うと、最大で150万円が補助の対象になります。
(実は、この事業の案内チラシに移っている家はヤマサ増改築で工事させて頂きました。
気になる方はぜひ鹿児島市のHPをご覧ください!)

https://www.city.kagoshima.lg.jp/kensetu/kenchiku/kenshido/stock.html

また、国からの補助金制度も既に始まっています。

国土交通省
「長期優良住宅化リフォーム推進事業」

環境省
「平成31年度 高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業」

 

こうしてみると使わない手はない!となりますが、いくつか注意点もあります。

・補助金には枠がある
国や自治体の予算枠を超えてしまうと補助金は打ち切られてしまいます。その為、申請期間内の早めの検討をお勧めします

・適用要件が細かく定められている
工事内容や工期スケジュール、対象の建築年数など諸条件が、要件に当てはまる必要があります。活用できる制度や金額はお客様ごとに変わってきます。

・どこの会社でも補助金を受けられるわけではない
補助対象の工事の得意不得意や会社の体制などにより、全ての業者が補助金を利用しているわけではありません。
施工会社選びの際にはチェックするポイントの一つになります。

 

リノベーションで”構造性能向上””長く大切に住める家””光熱費のかからない家”にするには、新築程の金額ではないにせよ、しっかりとした資金計画が必要です。

ヤマサ増改築ではこれらの制度の活用実績があり、お客様一人ひとりに合わせたご提案の他、複雑な申請手続きも全て代行しております。
また、昨年は独自の取り組みが評価され、国土交通省より「平成30年度第2回サステナブル建築物等先導事業」の支援対象に採択を受け、
単独企業としては【ヤマサ増改築限定】で使える補助金制度ができました。

 

今月25,26日には、これらの補助金制度の活用、リノベーションの資金計画についての
相談会を桜ヶ丘モデルハウスにて実施予定です!
予約制となっておりますので、こちらより、ぜひご予約ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ヤマサ増改築では、二世帯、耐震、断熱、増築、減築、リノベーション&全面リフォームの相談を
いつでも受け付けております!
鹿児島市、戸建て1棟まるごとリノベーションモデルハウス予約受付中!